整理をする

遺骨を持つ男

 一昔前の日本には、亡くなった人の遺品整理は血が繋がった家族が行うのが当然だと考える風潮がありました。昔は家族という社会的構成単位をとても大切なものだと考えていましたので、亡くなった人が残した物の整理を血の繋がりのない赤の他人にお金を支払って頼んだりすることは、とても恥ずかしい行為だと考える人がほとんどでした。しかし、時代の移り変わりと共に、家族を取り巻く社会状況が大きく変わりました。昔は大家族制でしたから、家族の中で遺品整理の人手を確保することが割りと簡単にできました。しかし、核家族化が進んだ現代では、遺品整理のための人手を確保するのにも一苦労してしまいます。そのため、遺品整理作業を専門業者に依頼する人がだんだん増えてきたのですが、横浜は都市化が進んでいますので、地方よりも専門業者の利用に抵抗感を感じる人が少ない傾向が見られます。そのため、横浜では専門サービスを利用する人の数が多くなっています。

 現在、横浜市内には、たくさんの遺品整理業者が存在しています。横浜は多くの人口を抱えていますので、専門サービスの利用を希望する人の数も当然のことながら多くなっています。今後もさらなる需要の拡大が見込まれていますので、脱サラして横浜市内で遺品整理サービスを始める人がたくさんいます。次々にこの業界に新規参入してくる業者がたくさんいますので、今後しばらくの間は業者間の価格競争やサービス競争が激しくなるのではないかと予想されています。利用する側としては、業者間の競争によってサービスの質が向上してくれるのであれば、ありがたい限りです。ただし、中には料金を低くすることばかりに重点を置いて、サービス内容の拡充をないがしろにしている業者も存在していますので、サービスを利用する際には慎重に業者選びをする必要があります。