整理をする

遺骨を持つ男

基本的に遺品整理は血の繋がりのある家族が行いますが、現在は事情が合って整理できないという人もいます。専門サービス業者も年々増えてきており、業者間の価格競争も少しずつ激しくなってきています。

この記事の続きを読む

処分してもらう

トラックの後部

高齢化社会になっている現代では遺品整理を依頼する人も増えてきています。業者を選ぶときにはただ物を処分するだけではなく、必要なものはそのままにしておくことができます。料金形態が明確になっていると自分で見積もりも出しやすいです。

この記事の続きを読む

片付けをする

指さす作業服の男性

遺品整理業者はただ掃除をするだけではなく、依頼者の要望に合ったサービスをしてくれます。業者によっては要らなくなった不要品を処分してくれるところや、高額買取を行なっているところもあります。骨董品や人形、着物などは高く買い取ってくれます。

この記事の続きを読む

業者に依頼をする

数珠と祈る女性

遺品整理を依頼する際に最も気になるのがその費用でしょう。遺品整理と一口に言っても近年では非常に多くの業者があり、それぞれに費用が異なります。 一般には、遺品の量と住宅の広さによって費用がきまります。遺品が多いほど運搬費用がかかりますし、住宅が広いほど作業員の数も必要となるため費用がかさみます。金額の設定方法も業者によって違い、作業員ひとりあたりで金額が設定されていることもあれば、作業費用と運搬費用を合算し費用を提示するところもあります。そのため、相場を算出することが難しいのですが、目安としては1DKタイプの住居で作業員2名で30000円、運搬費用が60000円程度とみてよいでしょう。中には格安で請け負う業者も増えてはいますが、追加費用が発生するケースも多いため、予め確認が必要です。

そもそも遺品整理とは、故人の形見分けの意味も込めて遺族で行われていたものです。核家族化が進んだことなどが原因となり、ひとりで亡くなる方が増えたことで遺品整理がひとつのサービスとして注目を集めるようになりました。当初は便利屋・何でも屋としてのイメージが強かった遺品整理業ですが、今ではひとつの業界として多くの企業が参入しています。 遺品整理業者は大きく分けると二種類あり、遺品整理を専業として行う業者とリサイクルショップや不用品回収業者などが兼業として行っているサービスがあります。近年ではこの兼業業者が増加傾向にあり、家具家電製品の買取りを依頼したい場合は兼業業者がメリットが大きいというケースも少なくありません。一方で、ハウスクリーニングや処分品の供養を依頼したい場合などは専業業者のほうが利用しやすいという特徴があります。

それぞれ意味がある

2つの数珠

数珠はブレスレットと違って房付きの玉がついており、更に一つ一つの珠に意味があります。薩摩や釈迦如来、阿弥陀如来などの意味があり、日常生活の中では葬式や厄除けなどで広く活用されています。

この記事の続きを読む

仕分けをする

コールセンターで話す女

遺品整理をするときは買取できる商品とそうでない商品の仕分けをしていきます。買取だけではなくまず遺品の整理をすることから始めていきます。現在は仏壇なども買取対象になっており、遺品を傷つけないよう慎重に作業を行ないます。

この記事の続きを読む